ビタブリッドCフェイスの販売店はどこ?楽天やamazonでも購入できる?最安値はどこ?

ビタブリットCフェイスの販売元は、「株式会社ビタブリットジャパン」というコスメメーカーです。ビタブリットCフェイスの他にビタブリットCヘアーやビタブリットCスキンなどの商品を扱っている「ビタブリットシリーズ」専門メーカーですね。

 

ビタブリットCフェイスを購入するには、メーカー公式サイトかそのほかの一部通販サイトを介して購入する事になるでしょう。

 

基本的に店頭販売はされていない商品ですので、ネット経由での通販購入が主な入手経路となります。

ビタブリッドCフェイスは楽天で購入出来る?

楽天市場にてキーワード検索をしていましたが、ビタブリットCフェイスは取り扱っていないようです。

 

今現在のところ、ビタブリットCヘアーのみは扱っているようなので、もしかすると将来的に扱う可能性も低くは無いと思いますが、他シリーズでも大した割引なども用意されていないので、楽天ポイント狙いなんかでなければ特にここで購入する旨みは無いですね。

 

単品購入の場合で比較すれば、全く割引が無いという事もありませんが(他シリーズの場合)、そもそもビタブリットCフェイスを単品購入する事自体があまり意味ありませんので、例え楽天でこの商品が取り扱われる事があるとしても、購入先をこちらに乗り換えるメリットにはなり得ません。

 

新規購入の場合でも、「ポイント○倍セール」なんかの特別な催しでも無ければ、公式サイトから購入した方が良いんではないかと思います。

 

ビタブリッドCフェイスはamazonで購入できる?

楽天では今のところ取り扱いの無かったビタブリットCフェイスですが、Amazonでは単品価格から21%引きで取り扱いがありました。21%OFFという事なので「ちょっと安いかな?」なんて一瞬は思いましたが、楽天の項目のところでも書いたように、この商品を単品購入する事自体に旨みが無いので、別にわざわざAmazonで購入する必要も無いかなぁと思います。

 

まあ、ギフト券や購入ポイントが余っている時などに、お試しとして購入する分には良いかもしれませんが…。

 

詳しくは後述にて解説していきますが、ビタブリットCフェイスには公式サイトからではないと受ける事が出来ない購入サービスが幾つもありますので、購入先を決める際にはそのあたりをしっかり吟味してから購入する事が必要となります。

 

…まあ、ほとんどの場合は公式サイト以外からの購入の方が損になってしまう事の方が多いんですけどね。

ビタブリッドCフェイス最安値はどこ?

単品購入の価格だけを見るとAmazonが最安値のように見えてしまうのですが、そもそもビタブリットCフェイスは、定期購入コースを選んだ場合でも、いつでも商品の休止や解約が出来てしまうので、はっきり言って単品購入をするメリットそのものがあまりありません。

 

ですので、前述の通り他の通販サイトから購入すると、ほとんどの場合、結果的に損をしてしまう事に繋がってしまうのです。

 

例えば、公式サイトからの定期購入コース申し込みであれば、初回購入キャンペーンとして1回分が1500円で購入出来るという公式サイト限定のサービスなんかが良い例です。

 

ちなみにこれは2017年3月末までのキャンペーンの内容ですが、初回購入キャンペーンはほとんど毎月「先着○名」という形で頻繁に行われているので、わざわざ単品購入を選択するよりは、いつでも休止・解約の出来る定期購入コースに申し込んだ方が、結果的にはお得になります。

 

初月以降のひと月分の商品価格としても、Amazonなどで一回一回個別に購入するのとほぼ同価格で送料も無料なので、初めのお試し価格の事を考えれば圧倒的に公式サイトからの購入がよりおすすめであると言えるでしょう。毎回いちいち個別に注文しなければならない手間なんかも省けますしね。

 

もちろん購入者の環境により左右される部分もあるとは思いますが、少なくとも初めてビタブリットCフェイスを購入されるという方には、ほぼ間違いなく公式サイトからの購入が最安値となるでしょう。

>>ビタブリットCフェイスの口コミ

ビタブリットCフェイスの成分と、副作用について

ビタブリットCフェイスの成分について詳しく調べてみました。またビタブリットCフェイスは、危険性や副作用があるか?調べてみました!

ビタブリットCフェイスの成分は?

ビタブリットCフェイスに配合されている成分は次の通りです。

アスコルビン酸

いわゆるビタミンCと呼ばれるビタブリットCフェイスの主成分。酸化防止の作用が強く、酸化防止剤として食品にもよく使われる安全性においても非常に高い品質を誇る成分でもあります。

 

人体においても紫外線やストレス、喫煙などにより起きる活性酸素による身体へのダメージを抑えたり、修復のサポートを行っています。肌のターンオーバーには欠かせない成分で、コラーゲンの生成を行うために必須の成分。また、メラニンの合成を阻害する効果もあるため、紫外線や肌ストレスのケアにも非常に重要な成分でもあります。

 

ビタブリットCフェイスの商品解説などではピュアビタミンと表記されていますが、その名の通り、ビタミンC誘導体とは違いほとんど人間の手が加わっていない完全天然由来の成分です。

 

抗酸化作用やコラーゲンの生成能力は非常に高いものがありますが、とても脆く壊れやすい成分のため、肌にそのまま塗布しても浸透していく前にそのほとんどが効果をなくしてしまうのが欠点。

酸化亜鉛

ミネラルの一種で、髪の毛・皮膚・爪などの組成に関わる重要成分。ビタブリットCフェイスには亜鉛から作られる層状物質「LDH」という成分として配合されており、メーカー独自の特殊技術でビタミンCと絶妙に結びついて、ビタミンCを壊れにくくする役割を担っています。ビタブリットCフェイスが「12時間のビタミンCパック」なんてとてつもない事が出来るのは、この酸化亜鉛のおかげです。

 

ステアリン酸グリセリル

グリセリンとステアリン酸が結合した、天然由来の界面活性剤。コスメでは安全性の高い乳化剤としてよく利用されています。肌に潤いを与えたり、肌を柔らかくする効果もあり、ビタブリットCフェイスではビタミンCの浸透を助ける効果を担っています。

 

以上の3つの成分に加えて、水と安息香酸(保存料)の全5成分からビタブリットCフェイスが構成されています。

 

こうして見るとよく分かると思いますが、ビタブリットCフェイスには無駄な成文が全く含まれて居らず、ビタミンCが美肌・美白効果を発揮するのに必要な成分に限って、厳選された成分のみで作られています。

 

ビタブリットCフェイスには副作用はある?

いきなり結論から言ってしまえば、ビタブリットCフェイスを使用して何か特別に副作用の危険性があるなんて事は無いと思われます。実際に大きな健康被害などの副作用も報告されていませんので、多くの方に安心して使用していただける商品となっています。

 

ビタミンCは肌に若干の刺激がある成分として知られており、ビタブリットCフェイスを使用して肌に若干ピリッとする感覚を感じた方も居られるようですが、それが肌荒れやニキビの悪化などの肌トラブルに繋がったという訳でもなく、また、そういった感覚を受けた方はこの商品を水に溶かした時の濃度が高かった場合が多い事もあり、そのあたりは自分で濃度を調節する事で十分対処可能な部分ですので、大きな問題は無いと思います。

 

その他の成分、酸化亜鉛については医学的に副作用は無いとされている物ですし、ステアリン酸グリセリルも界面活性剤としてトップクラスに安全性が高いとされている成分なので、顔につける化粧品にはもってこいの成分です。

 

保存料として配合されている安息香酸については、成分として酸性の高いものであるため量が多すぎると肌に悪影響を及ぼす可能性もありますが、ビタブリットCフェイス内に含まれる量は健康被害を及ぼさない安全基準値と比べてもはるかに少ない配合量となっていますので、これが何かしらの肌トラブルを引き起こすとは考えにくく、むしろ商品の劣化や腐食を防ぐ事のメリットの方が大きいため、どちらかというとあった方が良い成分だったりもします。

 

そんなわけで、ビタブリットCフェイスは多くの方に安心して使っていただける安全性の高い商品と言えますが、唯一「ビタミンCにアレルギーのある方」のみは注意が必要かと思います。

 

これまでにビタミンC系のコスメやサプリメントなどでアレルギー反応が出た経験のある方は、基本的にはビタブリットCフェイスの利用は避け、どうしても使用してみたい場合には、医師などの専門家の指示を仰いでから使うようにしていただきたいと思います。

>>ビタブリットCフェイスの口コミ

ビタブリットCフェイスは悪評だったので実際に使用してみた体験談と感想

私がビタブリットCフェイスを初めて知ったのは、有名女性ファッション誌で特集が組まれているのを見た時です。

 

その時私が読んでいたのは「GLITTER」というファッション誌でしたが、その後も他の雑誌でよく見かけるようになったので、何となく気になる商品ではありましたが、あんまりそういう広告とか特集を信用しない質なので、当分の間はスルーしてましたけどね。

 

でもある時ひどい日焼けをしてしまいまして。…まあ、子供の学校行事で海に行くことがあったんですけど、それの引率で参加した時に日焼け止めを忘れたっていう話なんですけど、他のママさんに借りた日焼け止めを遠慮して使っちゃったので、家に帰る頃にはもうトマトみたいに真っ赤っか。

 

これはヤバいということで、「そういえばあんなのあったな~」という感じで何となく購入したのがビタブリットCフェイスデビューのきっかけでした。初回購入キャンペーンとかで安く買えたんですよ。

 

と言うわけで、正直、効果などを吟味して購入した訳じゃなかったので、他の紫外線ケア用品のサポート役というか、「ダメだったら止めればいいや」という感覚で購入した商品だったんですよね。

 

ビタブリットCフェイスには悪評がある?

前述のように最初はろくな下調べもせず購入してしまったもので、一応ビタブリットCフェイスを使う前に実際の購入者の口コミを見てみるかということで、いくつかの比較サイトや美容ブログなんかを一通り巡ってみました。

 

ほとんどは肯定的な意見で埋められていたのですが、そこはやはり個人差の出やすいコスメ用品ということで、気になる悪評もそれなりに目に付くところでしたね。

 

まず1番に多く見られたのが「肌につけたときに刺激を感じる」というもの。直接肌に触れるものなので、この口コミはさすがに気になってしまいました。普通に考えて、なんか肌に良いものでは無さそうな感じがしますしね。

 

あとは「効果が実感出来なかった」という口コミが悪評の中では多かったように思います。「目立った効果は無いが肌質の維持には役立っている」という評価を肯定と捉えなければ、効果についての内容が刺激感を感じるという悪評を上回るかもしれません。

 

ただ、この効果についての話はビタブリットCフェイスを継続して使用していた期間や使用方法によっても大きく変わってくる事柄なので、この辺りは良くも悪くも実際に使ってみないと分からないことかと思います。

 

ビタブリットCフェイスを使用した体験談

私が実際にビタブリットCフェイスを使用した経過を体験談として具体的に言うと、まず使用感については特に問題は感じられませんでしたね。

 

悪評の一つに「肌に刺激がある」というのがありましたが、確かにパウダーを水に溶かす際にパウダーの比率を高めにしてしまうと少しピリッとする感じがありました。

 

しかしだからといって何か肌にトラブルがあったかと言えばそんな事はなく、ビタミンC特有の感覚かなと思います。柑橘系のパックなんかでもよくありますしね。

 

口コミやブログなどでも多少の刺激感があったという報告が幾つかありましたが、その後に美肌・美白効果を感じるに至ったという声が多かったので、その辺は気にせずに使っていました。私は敏感肌気味ですが、それでも何の問題もありませんでしたよ。

 

パウダーを水に溶かして使うのは初めてで、手のひらで混ぜようとするとこぼしてしまったりする事もあったので、私は100均のミニボトルで作っていましたが、1週間くらいは冷蔵庫で保管して使えていました。

 

というか私の場合は日焼け後にビタブリットCフェイスを使用していたので、冷蔵庫でキンキンに冷やした方が気持ちよくて好きでした。

 

「12時間ビタミンCパック」というのがウリみたいな商品なので、薬液が顔に残ったような感じがするかと思っていましたがそんな感じもなく、顔に塗った後は割とさらさらしていて程良い潤いだけが補填されているという感覚でした。

 

T ゾーンなどのテカつきなんかもなく、全体的に肌が引き締まったような印象を受けました。

 

香りなんかも良くて、ビタブリットCフェイスを顔につけていることで何かストレスを感じたりする事もありませんでした。

 

使用した結果と感想

ネットで見かけた悪評などとは対照的に、ビタブリットCフェイスは非常に品質・効果ともに優秀な商品だったと思います。日焼けしてからと使い始めるまでにそこそこのタイムラグがありましたが、シミや肌荒れなんかの肌ダメージも残りませんでしたし、しばらく継続していくうちに元々あったシミや小皺なども目立たなくなっていきました。

 

使用前は鏡で肌をよく見ると、肌の角質が年輪みたいに見えてしまっていたのですが、使い始めて1ヶ月も経たないくらいで肌が柔らかくモチモチしてきて、尚且つ程良い水分を含んでツヤツヤの肌に変化しました。これがターンオーバーの力というやつですかね。

 

まあ、効果については当然満足していますが、そのコストパフォーマンスについてもなかなか素晴らしい商品だと思います。

 

初月はお試し価格で安かったですが、2ヶ月目以降は5000円ちょっとかかるので「結構するなぁ…」と思っていましたが、毎回1ヶ月分が使いきれずに余るため、途中で休止したりなんかを含めると大体1回送付分につき1ヶ月半近く保つので、結果的にはかなりお買い得な買い物になりました。

 

私の場合は結構豪勢に使ってそれなので、他の人でもそこそこ余裕を持って使える人が多いのではないかと思います。一部の口コミなんかでは「親子で一緒に使ってもまだ余る」という口コミもありましたね。

 

まあとにかく感想としては大満足の一言。元々あまり期待して無かった商品でしたが、いつの間にか1番お気に入りの美肌ケア用品になっています。

 

悪評なんかもちらほら見かけられますが、最終的にはこのビタブリットCフェイスの効果を認めている結果になっているような内容のものも沢山あるため、事実として多くのユーザーに指示されている商品だと思います。

⇒ビタブリットCフェイスの口コミ

ビタブリットCフェイスの効果と使い方は?

ビタブリットCフェイスはビタミンC を12時間に渡って肌にパックし続けるという商品なのですが、ここで一つの疑問が。

ビタミンCというものは空気に触れるとすぐに酸化してその効力を失ってしまう成分ですし、また、熱なんかにもとても弱いので普通に考えると12時間もの時間、肌に留め置く事など出来そうにもありませんよね。

それでもってビタミンCを肌から吸収させようとすると、肌の奥(角質層の更に下)に浸透するまでにはそれなりの時間が掛かってしまうので、「ビタミンC 系」の美容液というのはなかなか効果に納得出来るものはありませんでした。…もちろん個人的な所感ですが。

しかしビタブリットCフェイスはこれまでのビタミンC系美容液なんかとは違って、しっかりとビタミンCが肌の奥まで浸透し、ターンオーバーの働きが活発に行われ、シミ・しわ・くすみ・ニキビなどがきちんと改善されて理想通りの美肌・美白を達成出来たという実感があります。

…どうして他の商品ではイマイチ効果を実感出来なかったのに、このビタブリットCフェイスでは思うような効果を得ることが出来たんでしょうか。

ビタブリットCフェイスの効果

基本的に普通のビタミンC系のコスメ用品に配合されているのは「ビタミンC 誘導体」と呼ばれるもので、壊れやすく非常に脆い成分であるビタミンCを人工的に改良することで、長く肌に留まり結果的に肌への浸透量を増加させるに至る画期的なものなのですが、本当は水溶性で肌から体内により吸収されやすい本物のビタミンCの方が短時間に於いての効力としては上なんですよね。

問題はすぐに効果がなくなってしまうというだけで。ビタブリットCフェイスはこの辺りの問題を見事に解決していて、本物のビタミンCを角質層の奥にまで届ける事が出来るようになったのが、高い美白・美肌効果を生み出している最大の要因なのです。

その「非常に脆い」というビタミンCの欠点を補うためにビタブリットCフェイスに配合されているのが「亜鉛」で、これはビタミンCの酸化や劣化を防ぎ、肌のターンオーバーを高める効果に期待が持てるため、驚きの「12時間ビタミンCパック」を実現するとともに、より品質の高い美肌へと導いてくれる商品を形作っているわけです。

効果については実際にこのビタブリットCを使用してみるとよく分かるのですが、私の場合は初めてこの商品を使った日の次の朝から、肌にいつもと違う潤いと明るさが生まれていることに気づきました。

普段は朝の起き抜けは特に顔色が悪くて、それを長い時間を掛けてメイクでカバーするというのが私の日課みたいなものだったのですが、ビタブリットCフェイスを使い始めてからは毛穴がきゅっと引き締まって目立たなくなり、くすみなんかもあまり目立たなくなったのでメイクもナチュラルメイクでいけるようになりました。

朝に使用してもメイクノリが良くなったような感じがしてお気に入りでした。それからも2~3ヶ月と継続していくうちにM目の下のクマやシミ・しわなんかも少しずつ改善されていって、最終的には我ながら鏡をみて「あれ?どこのモデルさん?」と独り言を言ってしまうくらいの満足できる美肌を手に入れることが出来ました。

…まあ、モデルさんっていうのは完全にナルシスト気味ですが、「ビタミンCの12時間連続パック」というのがここまで効果があるとは正直思って無かったですね。

>>ビタブリットCフェイスの口コミはこちら

ビタブリットCフェイスの使い方

ビタブリットCフェイスの使い方は、適量を水に溶かしてお肌にたっぷりと塗布していくだけ。1ヶ月分として送られてくる内容量は、結構多くの方が1月では使いきれないというくらい余裕のある量が入っているので、かなり豪快に使いまくっても大丈夫です。

私も本当にたっぷりと惜しみなく使っていましたが、だいたい毎回7~10日分くらい残ってしまってたので、よく途中で一時休止してもらってました。…まあ、電話1本ですぐに止めてもらえるので、ちょっと余裕を持って使えるのは好印象でしたけどね。

ビタブリットCフェイスのビタミンCは長時間経っても壊れにくいように出来ていますが、それでもさすがに数日とかは保たないので、その時に使う分だけを手のひらで作るのが一番良いと思います。

でも冷蔵庫できちんと保管していれば1週間くらいは保つので、夏場なんかはわざと冷蔵庫に作り置きして使ったりしています。

暑い日差しで火照った肌にキンキンに冷えたビタブリットCフェイス(の入った水)をつけると、暑さでダレた肌がきゅっと引き締まる感じがして気持ちいいですよ。ビタミンCは紫外線ケアにもってこいの成分なので、紫外線対策もバッチリです。

ちなみに、ここでは水で溶かす事を前提にしてますが、実際は化粧水なんかに溶かして使ってもOKです。

冬場なんかは肌が乾燥してしまいがちなので、保湿効果の高い化粧水と組み合わせて使うのもおすすめです。ビタブリットCフェイスは溶けやすいパウダー状なので、こういった創意工夫がしやすいのも面白いところですね。

ビタブリットCフェイスの解約方法と返金方法は?

パウダーを水に溶かしてから一度顔に塗るだけで12時間も効果が持続し、お肌にビタミンCを届け続けてくれるハイブリット美容パウダー「ビタブリットCフェイス」。

ビタミンCは美肌のための大きな要素であるコラーゲンの生成に必須とされる成分で、他にも肌の調子を整えてストレスや外部刺激から肌を守ってくれたり、肌の劣化スピードをゆるやかにしてくれる効果を持っていたりもします。

しかしその効果をしっかりと実感するためには、基本的にある程度継続して利用することが必要となりますし、定期購入コースで買った場合は初回限定割引(毎月先着順で人数限定)や送料無料サービス、毎月20%の割引が受けられるといった定期コースだけの様々な特典もあるので、もしこれからこのビタブリットCフェイスを購入してみようと考えていらっしゃる方には、是非定期コースでのご購入をおすすめしたいところです。

 

しかし万が一肌に合わなかった場合、定期コースだと注文から何回分かは必ず受け取らなければならないとか解約手続きが異様にややこしかったりなどで、定期購入を躊躇ってしまう方も多いのではないかと思います。

 

しかしビタブリットCは商品到着後からいつでも休止・解約が可能となっており、しかもその手続きはすべて電話一本で出来てしまうので、非常に楽ちんです。この商品というのは月1回定期的に送られてくるわけですが、その量に結構余裕があり、かなり豪勢に使っても1ヶ月では使いきれない場合などもよくあるので、それに対する配慮からか送付ストップの申し込みが簡略化されているんだと思います。

ビタブリットCフェイスの解約方法

解約などを申し込む際には、「ビタブリットジャパン お客様センター」…TEL0120-987-861まで電話をかけ、解約したい旨を担当者に伝えるだけで完了します。受付時間は年中無休の9時~18時まで。次回商品お届け日の10日前までに連絡をしておけば、次回発送分から発送がストップされます。

 

私は日中は仕事をしていることが多いので、コールセンターの受付時間中にあまり多くの時間を取ることが出来ないのですが、ここのコールセンターの対応が迅速で手続きも電話1本で完了してしまうので、昼休みのちょこっと空いた時間で手続きが出来たのは良かったですね。

 

ビタブリットCフェイスの返金方法

ビタブリットCフェイスには他のコスメ用品に時々あるような「全額返金保証」のようなサービスは付属されていません。

 

このあたりはちょっと残念な気もしますが、まあ、すでに「いつでも休止・解約が出来る」という大きなアドヴァンテージが存在しているので、これ以上を求めるのも酷な話ですので仕方ないところかなとは思います。

 

…とは言ってももちろん返品自体は受け付けて貰えますし、未開封の商品についてはちゃんと返金もしてくれるので、その辺は安心してもよさそうですね。

 

開封してしまった商品については原則返品は受け付けて貰えないみたいなので、そこだけは注意していただきたいと思います。

 

私が実際に試してみたところによると(コールセンターに電話して確認してみました)、「使っても思うような効果が出なかった」、「肌が荒れた・吹き出物が出来た」とか「何となく購入してみたけど必要無かった・途中で必要なくなった」みたいな個人的な理由では、当然返金なんかはしてくれないようですね。

 

しかしながら商品になにかしらの不備があったりとか、重大なトラブルなどに見舞われてしまった場合は(その程度にもよりますが)返品・返金にて対応してくれるそうです。

 

返品などには購入してからの一定の期限があるようで、一応は「商品が到着してから1週間」という決まりになっています。

 

まあ、中には1週間以上過ぎてから返金に対応してくれた例もあるみたいですので、ビタブリットCフェイスを購入して何か気になる点があれば、取りあえずビタブリットジャパンのコールセンターに連絡してみることをおすすめします。

 

ちなみに、ビタブリットCフェイス返品時の送料、ならびに指定口座への返金の振込手数料は購入者負担になるので注意してただきたいと思います。

 

…という感じで返金制度としては割とふつうと言うか、一般的な化粧品メーカーとあまりかわらないところで、初めから返金ありきで購入するよりは、定期購入コースに申し込んでいつでも休止・解約が出来る状態にしておいたほうがお得かなと思います。

 

というかいつでも止められるという制度のおかげで、あまり返金の恩恵を受けることは無いんじゃないですかね。

 

とにもかくにも取りあえず定期購入コースにこの商品のすべてのお得感が集約されているという印象ですね。

 

>>ビタブリットCフェイスの口コミはこちら